novorg’s diary

つれづれなるままに

禁欲しなくても貯蓄はできる

家計簿ソフト ドクターウォレット
 で付け始めて1年以上が経った

 きっかけは無駄を省いて老後に備えるため

 で

付ける前の生活費が最低16万円だった

 のに対して

今は11万円余りに縮小できた


節約部分を上げてみると


① 医療保険の見直し

高額医療費制度で月額10万円以上はかからない事を考えると

日額3000円ですむことが分かった

差額ベット代込みで1万円くらい

 これも滅多に入院など考えられない人なら

6000円ずつの貯金で年72000円

10年で70万円にもなる

入院すればそこから払えばいいし

 しなければ自由に使える

 そういう人は保険に入らないという選択肢もあると思う

 

② 娯楽費の見直し

競輪やパチンコは程々にと言うことですね

家計簿を付けてみるといくら何でも使いすぎでしょ

 というのが分かる

2回を1回にすれば年額10万円くらい違う


③ 交通費の見直し

土地柄車の移動がメインで

仕事場まで往復は70km

 高速を利用するがそこまでは旅費は出ない

 で 気の向いた時には下道で通うことに

月にすれば数千円だが

 こういうチマチマしたことが意外に大きいこと

 それも家計簿を付けて分かった


④ 食事代の見直し

 チョンガーなので外食が多い

自分で作りもするが

仕事ありの毎日食事の支度では

自由な時間が取れない

朝のコンビニでサンドイッチやサラダ,牛乳など買って

600円×25日は15000円

700円の昼定食×25日は17500円

 計32500円

これを

 ゆで太郎の330円也の蕎麦にしてみたり

 すき家にしてみたり

 このすき家がヒットで

牛丼のミニを食べていたのだが

 お子様牛丼210円というのに気づき

頼んでみると

量もほどよくすこぶるリーズナブル

卵セットにして味噌汁を付けても310円也

 今は月15000円ほど

 

11万になったがまだ削れるところは実はあって

拙者はタバコを吸う

毎晩晩酌もする

行く行くは禁煙も考える

 どうせ秋にはオリンピックに向けて禁煙法が通る

 そしたら職場は敷地内禁煙

 事実上の禁煙である

16000円の節約

 酒までやめたら生きてる意味がないのでそこはそこ

 


年金がいくらになるか分からんが

少額で生活できる習慣を作っておくことは大切だと思う

今年の目標は年額100万の貯蓄ーー